栗原孝太郎の半生

HISTORY

第1章「もっと、広い世界へ」

1982年、僕は佐賀県唐津市に生まれました。
建築会社を営む父親。
これが、孝和建設のはじまりです。

お人好しの父親。
友人に騙されて、多額の借金を背負ったことも。
たぶん、僕が幼稚園生の頃。
家計も厳しくなったのか、祖父の家で食事をしていた記憶があります。

それから、祖父(材木店経営)の援助もあり、なんとか経済的にも回復した栗原家。

小学校に入学する頃には、
それなりに裕福な生活をしていたと思います。

バスケに汗を流し、唐津代表になったことも。

しかし、6年生の時の話。人生を変える事件が起きます。
クラスの複数人からいじめられるようになったのです。
集団シカトが始まりました。

修学旅行もひとりで行動したのは、ツライ思い出ですね。

そして、僕はこう思いました。
「なんだこいつら。くだらねえ、卒業したらこいつらのいないところへ行こう」

もちろん、僕にも悪いところはあったと思います。
今では仲直りもしていますが。だけど、よってたかって一人を・・・
昨日まで友だちだったからこそ余計に辛かったんです。

初めて知った人の痛み。自分は、絶対に人をいじめないと誓ったのでした。

小学卒業後は、福岡市の私立中学校へ進学。

その中学校は、新設校で、先輩もいない。
しがらみもなく、とにかく自由でした。

広い世界に飛び込んだ僕は、いろんな刺激を受けます。

映画、音楽、ファッション。友人もたくさんできました。

パソコンも買ってもらい作曲とか始めました。
その時から、クリエイティブなことに興味があったんでしょうね。
徐々に、世界を、視野を広げていきました。

そして、中学校3年生のとき。
子ども3人だけでオーストラリアに行くという体験をしました。

「世界って広い。まだ知らないことがたくさんあるな」
と思ったことを今でもハッキリと覚えています。

高校進学は、エスカレーター式に。
友人とバンドを組んだり、遅くまで語り合ったり。
まさに青春を謳歌しました。とにかくモテたかった。

そんな楽しい時期にも、終わりが来ます。
進路を決めなければなりません。

音楽の道も考えましたが、西南大学に進学しました。

さて、花の大学生活の始まりです。
音楽サークル、住み込み農業体験、福岡ドームでの運動会など、
大学生しかできない体験をしました。

就職は、公務員になりたい!
地域を変えたい!官僚になってやろう!と思っていました。

無理矢理、●●●省にインターンを申し込んで 受け入れてもらいました。(本当は受け入れていません!笑)

しかし、全然、かっこいい大人がいなかった。
じゃあ、東京に行こう!思い始めました。

片っ端から大手を受けて、無事、内定をゲット。
就職先は、広告業界です。

就職が決まったら、卒業までは自由の身。
猿岩石に憧れていた僕は、「ユーラシア大陸横断」の旅に出るのです。

無謀でしょう?たった一人でですよ?
雑誌をスポンサーにつけて、ギター1本だけからって、出かけました。

連載を寄稿しながらの旅。
ちょっと有名な大学生になりました。

無事に帰ってきたら、いよいよ就職です。
ここまでが第1章。2章へ続きます。

第2章「上京、駆け抜けた日々」

就職を機に上京した僕。

同期が栃木や群馬など、地方に配属される中、
僕は銀座のど真ん中に配属されました。

広告の営業マンとしての人生がスタートします。

新人のノルマは新規開拓12件。
しかし、銀座は激戦区。ライバルだらけです。

みんな無理だろうと思っていたと思います。

それでもなんとか11件の新規顧客を獲得。
超チヤホヤされましたね。僕も思いっきり天狗になりました。

しかし、一人だけ泣いている人がいました。それが僕の上司でした。
「お前のノルマを達成させてあげれなかった」と。

それで、スイッチが入りましたね。この人を男にしてあげたい。
心から尊敬できる人との出会いでした。

そして、最後の頑張りは、人のためだというのも知りました。

それからは、異例のスピードで出世を遂げ、あらゆるノルマも立て続けに達成。
憧れの上司ともたくさんの祝いのお酒を飲み交わしました。

それから、しばらく。
上司が尊敬できない人に変わったタイミングで、あっさりと退職。

ここまで、2年の東京生活。
短くも、濃い時間でした。

そして、いよいよ第3章からは、唐津へ。

第3章「帰郷、そして2代目へ」

東京の会社も辞め、唐津に帰った僕。
上京するときは一人でしたが、帰郷するときは妻が一緒でした。

これからどんな仕事をするか?
まだ、家業を継ぐとは考えておらず、とりあえず、家を借りに行くことに。

一軒の不動産屋を訪れたのですが、その対応がひどくて・・・。
妻にも申し訳なくて・・・。このサービスで仲介手数料払うの?

「これなら僕でもできるんじゃない?」と不動産屋をやろう!と思いました。
これが今でも弊社に隣接する「栗原不動産」です。

ホームページをつくって情報を発信。
入居者には、一眼レフで撮った部屋の写真を加工して、
額に入れてサプライズでプレゼントしていたんです。

それが、口コミを呼び、不動産屋にはドンドンお客さんが来てくれました。
芸は身を助けるんですね。クリエイティブなことをやってきた経験が生きた瞬間でした。

次第に、不動産の売買も始め、ついに家づくりに携わるようになりました。

「他社がやらない家づくりを!」と考え、目に見えた業界の習慣を変えていきました。
売り上げは5年で10倍になり、まだ20代ということもあり、チヤホヤされました。

代表取締役に就任、いろんな人が入社し、会社の勢いもすごいものでしたね。
「天下獲ったり」とも思いました。今考えると恥ずかしいですね。

ここからが転落の始まり。
崩壊は、社内から起きました。

それまで、勢いで、何があっても「ドンマイ!オッケー!」という感じで、
社員に接していた僕。
今考えると、いじめられた経験から人に嫌われるのを恐れていたんだと思います。

ミスをした社員に「大丈夫だよ!」と言い続けると、改善しない。

すると、それが家づくりに出てきます。契約も取れなくなって、
最後には「社長が悪い」という空気になっていきました。

止められない悪循環。
大量離職につながるのです。
離職したメンバーでつくった会社の噂も耳に入ってきて、
家でも眠れない日々が続いきました。

本当に、辛かった。
市場の評価でも「あいつは終わった」「一発屋」と言われていました。

そんなある日、家に帰ると子どもたちが遊びにきていた友だちに向かって、
「ボクのお父さんは社長なんだよ!」と自慢していたんです。

それが情けなくて・・・。
もう一度、再起を誓ったのです。

そこで気づいたことがあります。
僕自身も「他人が悪い」と思ってるんじゃなんか?
言い訳ばかりはもうやめよう。

どんなときも笑ってくれた妻のために、
いろんなことを気づかせてくれる子どもたちのために。

第4章は、もう一度立ち上がって話です。

第4章「責任は全部、自分にある」

再起を誓ってから、
「責任は全部自分にある」と 本当の意味で考えるようになりました。

そうすると社員も
「社長だけのせいじゃないよね」
という風に変わっていったんです。

面接も変えました。今までの経験を赤裸々に話し、
「こんな僕だけど、一緒に働いてくれる?」という風に。

気が付けば、弱みを見せられる強さを手に入れていたのです。

家づくりも変わりました。
それまでは、広告や見せ方で売ろうとしてたところがありました。

だけど、言い訳をしない、本当にいい家をつくろうと考えるように。
すると、質を求めるお客さまが集まってくる会社になりました。
どんどん、弊社のレベルも磨かれます。

今は、本質を追求する喜びを感じています。
いろんなことを乗り越えてきたから、自信があります。

こんな僕ですけど、一緒に家づくりをしてみませんか?