じゃない11ヶ条

ELEVEN ARTICLE

家づくりの常識を変える魔法の言葉

孝和建設代表の栗原孝太郎は、異業種から建築業界へと飛び込みました。
その時に感じた、この業界への違和感や悪しき習慣。
「それを全部、この手で変えてみせる。それがきっと、この地域のお客さまの幸せと、共に働く仲間の幸せにつながるはずだ」
その日から社長の口癖は「そうじゃない」「こうじゃない」になりました。
気が付けば「じゃない」はたくさん生まれ、数々の常識を変えてきました。
「じゃない」は、常識の先を見せてくれる魔法の言葉です。
とどまらず、常に進化を続ける私たちの想いを聞いてください。

▷社長ヒストリーはこちら

1.どことも同じじゃない、違いをつくる会社。

私たちが掲げる「この地域になくてはならない存在になりたい」という言葉。
他社と同じことやっても意味がない、同じ会社は2ついらない、という想いが込められています。
私たちが私たちであり続けるために、どことも違う会社であり続けるために、挑戦を続けています。
私たちの家づくりは、そもそもの考え方が違います。
これまでの固定観念を取り払って、家づくりの常識をアップデートしていきます。

▷私たちが目指すものはこちら

2.売り込みじゃない、家ゼミは情報提供の場。

私たちが開催する「家ゼミ」そこでは、売り込みはもちろん、会社の話もほとんどしません。
むしろ、どの住宅会社で建てることになっても役立つ情報を提供しています。
サイトにアップしている家ゼミの感想アンケートをご覧ください。

▷びっくりするくらいの直筆感想はこちら

3.デザインは見た目だけじゃない。課題を解決、理想を叶える手段。

私たちの提案するデザインとは、美しさはもちろん、暮らしの中の「こうだったらいいのにな」とか「こんな暮らしがしてみたい」を叶えるものです。

●メンテナンス費や光熱費が多くかかる家はつくりません。
 維持がしやすかったり、日々の暮らしが快適だったり、そこまで実現できてこその家づくりだと考えます。
●在籍する設計士の数は、地域トップクラス。経験豊かで、東京や福岡で腕を磨いた設計士が集結しました。
 だからこそ、高いデザイン性を実現できるのです。
●例えば、坪数が小さくても広がりを感じるアイデアを。
 削ぎ落とせるところは落として、必要なものや好きなものにはデザインも時間もたっぷり費やす。
 ワクワクやわがままを優先してもいいんです。

▷オリジナルの提案はこちら

4.ネットや雑誌じゃない、いい土地を知っているのは私たち。

家づくりに欠かせない、土地探し。ご自分で探すお客様もいらっしゃいますが、土地探しから私たちにまかせてください。
例えば、スーパーにとびきり新鮮なお魚が並んでいるでしょうか?いえいえ、もっと新鮮な魚は、市場にいます。
私たちならこれまでに築いた信頼と実績で、様々な「市場」とつながりがあります。
まだ世に出ていない非公開の土地だってご紹介できるのです。
また、「土地ゼミ」を開催していますので、ぜひ一度、足をお運びください。

▷登録制非公開土地情報はこちら

5.いいことだけじゃない、家づくりのすべてお話します。

建築以外にかかる、将来的なメンテナンス費用や想定外の出費などもしっかりと説明させていただきます。
例えば、リッター1キロしか走らない車を、その低性能ぶりを知らずに買ったとしたら、それは不幸ですよね?
私たちは、建てるまではもちろん、建てた後に必要な経費もお伝えします。
質の高い性能を持ち光熱費を削減し、結露がなく、長持ちする家を建てましょう。そうすれば、家計が変わります。
目指すのは、地域最高水準の家です。

▷実績はこちら

6.担当スタッフだけじゃない、孝和建設みんなでつくる家。

様々な人たちの協力があってはじまる家づくり。
ですが、この業界では協力してくれる人たちを「下請け」と呼びます。
しかし、私たちは共に家づくりを進める人たちのことをそんな風には呼びません。
一緒に家づくりという目標に向かって力を合わせる「パートナー」と呼んでいます。
それは、私たちに関わってくれるどんな業者さんに対しても同じです。
宅配便のドライバーさんも水道メーターの検針員さんも、すべて大切な存在なのです。
感謝の気持ちが、きっといい家づくりに繋がると信じています。

▷スタッフ紹介はこちら

7.家だけじゃない、お庭も外構もトータルデザイン。

住宅業界のお庭のデザインは、外注が基本。
しかし、私たちは,設計士は窓から見える景色や目線まで考えて設計しなければならないと思っています。それをやらないことに違和感を覚えたのです。
この考えのもと、私たちは家に加えてお庭や外構もトータルで考えてデザイン・設計をしています。
お庭も自社設計に挑む地域唯一の会社。家とお庭があって、初めて「家庭」と呼ぶことができます。お庭も楽しみましょう。

▷お庭の施工事例はこちら

8.引き渡しは終わりじゃない、ここからが始まりです。

引き渡しが終わってから、ホントの意味で私たちとお客さまの関係性が始まると考えています。
年に一度、これまでのお客様をご招待して感謝祭としてモクフェスを開催しています。
みなさんにお会いできるこの日をとても楽しみにしています。
また、定期点検はもちろん、どんな些細なことでも相談できる身近な暮らしのパートナーであり続けたいと思います。
毎年お会いできる家族のような関係性を築いていきたいと考えています。

▷モクフェスはこちら

9.お客様だけじゃない、私たちも楽しんでいます。

私たちが愛する佐賀県。
この地域の住まいや暮らしの質を向上するために、民泊、コインランドリー、移動式ホテル、リノベーション賃貸住宅、など、様々な分野にも視野を広げています。
この土地の地域活性化が、この土地で暮らす人々のためになると信じて「暮らしのサービスをつくる」私たちにできること、すべてに挑戦していきます。

▷実績はこちら

10.100点の会社じゃない、だから挑戦を続けています。

もちろん、私たちは完璧ではありません。むしろ、完璧なんてないと思っています。
昨日より今日、今日より明日と、進化していくものだから。
挑戦の数では、どこにも負けないと自負しています。常に進化するこの業界で、圧倒的な経験値があります。
どんな厳しい声も聞かせてください。それが、私たちの成長のタネになります。

11.これだけじゃない、だから一度お会いしましょう。

ここまで、私たちの想いに耳を傾けていただいてありがとうございます。
次は、あなたの想いを聞かせください。
家ゼミ、見学会、会社でお会いしましょう。